« 何処の誰かは知りませんが | メイン | 110号車 西へ »

救済だらけ馬だらけ

今回のアップデイトのテーマはずばり「レスダウンフォース」、とにかくストレートは全然お話にならないくらい遅い昨今の110号車、当然エンジン屋さんに「エンジン遅いんだけど・・・」というと「馬鹿いってじゃねーよ!てめーんとこの車、あっちこっち色んなモン付けすぎてんから遅くなんじゃねぇーかよー、エンジンじゃなくってスピードがおせぇーんだよ!!」と言われ頭にげんこつ一発、ごつんと喰らってしまいました・・・
さらに「ダウンフォースダウンフォースって一人前のこといってんけど、全部ドラッグになってんじゃねぇのかー、どうなんだよー、」と更にお叱りを受けてしまい・・・内気な文科系サークルチームみたいな僕らはそのエンジン屋さんにタジタジ・・・しかしレース関係の人ってどうして皆さん口がっ・・・あっ、いけない、またサーファー風湘南ナンバーのエンジン屋さんに”げんこでごっつん“されちゃうからやめとこーっと。
こわいこわい。。。
なーんてことがあり、素直な僕らはすぐさま、その意見を受け入れることにしました。
ほんとは表面は超ナローボディ、裏面は超ダウンフォース発生仕様にしたいんですが、風洞をかけたこともなく、かける予定もなく、かける予算もなく、見よう見まねの自動車部的110号車、昔はお兄さんだったインド人風の顔をした器用なおじさんが一生懸命ファイバーを張り込んで、1プライだけのカーボンウエット貼り、暑いのにストーブで暖めて作った、およそスーパーGTにふさわしくないなんちゃってカーボン仕様、そんな僕らの大きな味方がハリハリカーボンシートをつくっているハセプロさん!なーんだ、これ貼っちゃえば簡単ジャン!とばかりに「ちょーだいちょーだい」攻撃でいっぱいハセプロさんからもらってあっちゃこっちゃに貼ってみては「わーいわいわい、本物じゃーん」と大感激、
そしてますます重くなって遅くなっていく110号車でした。。。カーボンといえば西のカーボンマジック、東のR&D、遠くから見たらうちのも同じ、「110号車、カーボン中身は、コンパネだっ!」「フラットボトム、よくみりゃ中身は全部アルミ板」だから遅いんですかねー、とまあ、話は戻ってレスダウンフォースになったわけです。もてぎから。
で、タイヤも変ります!変わらなきゃ!「#110オソクテ、カワイソウ、クムホガ、イイタイヤ、ツクッテアゲルにだ!」ということで初めてボクスター用に味付けしたタイヤが登場の予定、きっと辛いぜー、火ぃー吹くぜー、火傷するぜー、そんな凄いタイヤがやってきます!楽しみだなー、でもねー今日またブルテン出て、666周防チームも11ゲイナーもまた更に救済だってさぁー、救済だらけ馬だらけ、うちの車はドラッグだらけっ!!!!
ガヤルド救済は賛成、どうせ救済するならもっと前からしとけばいいのに、しないなら最後までしなきゃいいのに、流石だねーGT-A、様子見ながら抜群のさじ加減、110号車も仲間に入れてよー、さじ投げっぱなしじゃーん、いろいろ加減してー、減だけしてー
まぁ、ボクスターに+50kg、いいとこついてんなー
でも僕たちまけないよー、見ててねおじさん達。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arktech-japan.com/blog/mt-tb.cgi/51

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)